投資

IPO アイキューブドシステムズ[4495]東証M上場

公募価格の3倍で上場

以前からテーマ性、上場タイミング(コロナショックとの絡み)、そして堅調な業績で注目していたIPO アイキューブドシステムズ[4495]が東証マザーズで初値9,430円で上場した。公募売り出し価格3,120円の3倍である。

前場で既に公開株数の2.7回転

寄付きでは公開株数の17万2,500株(内オーバーアロットメント2万2500株)を上回る17万9,400株で、前場に47万2,500株も出来ている。前引けは8,000円。

バリュエーションで説明できない

ディスクロージャー資料によると2020年6月期3Qまでの当期純利益が311百万円で、通期予想が330百万円。今期会社予想EPSが65.99円なので、今期予想PERが121倍だ。3Q末純資産が698百万円なので、BPSが135円でPBR59倍、、、いずれもあまりバリュエーション評価の正当化が難しい銘柄だ。

因みに公募売り出し価格の3120円では、今期予想PER47倍・今期3QPBR23倍。これでもバリュエーション上の強気の説明は難しい。

何を見落としているのか?

では、何故このような株価水準で本日寄付きでIPO(公開株数)に対して1回転し、前場では2.7回転も売買されているのだろうか?このような株価水準で、これ程の買い手がいるというコトだ。業務内容のテーマやホットなIPOとしての話題性だけなのだろうか?何を見落としているのか気になってしょうがない。

ジャフコ[8595]も好調

期待通りジャフコ[8595]もVC投資家としてポジティブインパクトを受けている。もともと売られすぎだったのもあるが、ここ数日で注目が集まっているようである。前引けが3,870円、1.3%高。前場高値は3915円。ここ数年業績が安定していないが、2020年3月期実績PER10倍、PBR0.63倍だ。

年金基金と日銀が買い支える日本株前のページ

中国、在外市民からの徴税強化 – 香港から次のページ

関連記事

  1. その他

    香港のデモ参加者を襲撃した白シャツ集団、その意図は?

     7月21日(日)夜、犯罪組織「三合会」とみられる集団が香港の(中心…

  2. その他

    米中・日韓 経済戦争が沸騰

    トランプ大統領が就任した直後、当時大人気だったテレビ・ドラマ Hou…

  3. その他

    三浦春馬さんの死去

    ご冥福をお祈りいたします。テレビ報道やネット経由での報道各社…

  4. 投資

    年金基金と日銀が買い支える日本株

    ジャフコを短期トレードで買ってみた、いゃ買っちゃったアイキュ…

  5. 投資

    リスク投資を日本で広めるには

    「貯蓄から投資へ」というスローガンの下、日本経済の資本(及び資産)効…

最近の記事

  1. 経営

    eスポーツはスポーツ?
  2. その他

    米国と中国を笑いに包むジョー・ウォング
  3. 仮想通貨の基礎知識

    インターネット革命を加速するブロックチェーン技術(英: Blockchain)
  4. 心に残る言葉

    生き方、学び方(マハトマ・ガンディー)
  5. 経営

    中国、在外市民からの徴税強化 – 香港から
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。