投資

マクアケ[4479]3Q決算説明での大胆発言

2020年9月期の第3四半期決算が7月22日に発表になったので、その内容を精査してみた。尚、新型コロナの影響で今回の決算説明会はオンライン開催(レコーディング)となった。説明資料はこちら

トップライン業績は絶好調、見通しも好印象

当四半期は新型コロナによる世の中の変化を大きく受けた4-6月だが、マクアケにおいては「マスクや除菌グッズ等の一過性需要」や「新商品をオンラインでデビューさせる商習慣への移行が何年も早まるきっかけ(中山社長)」があり、当社事業へ大きな追い風となった。この3ヶ月の応援購入総額は約46億円、2Q(1-3月)比で78%成長となった(図表1参照)。プロジェクトとサポーター(応援者)の広がりとリピート率を示すKPI(以下参照)も全て絶好調。

掲載開始件数1,319件+53%QoQ
アクセスUU11.4百万人+98%QoQ
会員数1.08百万人+28%QoQ
リピート応援購入率72.4%+0.3ptQoQ

今期通期の応援購入総額予想は137億円となるが、これは当社が想定している新商品のオンラインデビュー市場規模(EC枠)7400億円に対してマーケットシェアが約1.8%であり、市場シェアによるボトルネックは当分心配いらない。

新型コロナ第2波による景気動向の不透明さを鑑みて4Qの予想は保守的に42.9億円(四半期ベースでマイナス7%)としている。

利益は今後数年微増益

3Q営業利益は約2.9億円で、2Qの112%増。営業利益率も23%から30%に、対応援購入総額(対GMV)でも5.3%から6.2%へと向上している(図表2参照)。ただ、

「事業のトップライン(応援購入総額=GMV)が伸びれば伸びるほど営業利益率は改善していくというビジネスモデルになっている」ので、

「暫くはこの率(GMV比営業利益率)を伸ばすというコトにはフォーカスをせず、その分をプロモーションに成長投資をしたい」

と社長がコメントしており、それ故、今通期の営業利益予想を僅か4.8億円としている。4Qの利益予想はマイナス想定だ。

産業界における新商品のオンラインデビューが加速し、また、それが消費者ニーズにマッチしているタイミングでもある事からプロモーション(サービス認知度を高める広告宣伝)や人材採用を強化するようだ。

「来期以降(決算説明会資料では2022年9月期まで)は、プロモーションの先行投資を強めていきたい...来期以降数年は営業利益の予算自体は微増益程度に抑えさせて頂いて・・・」と説明している。

株価バリュエーション

2020年9月期の新しい通期EPS会社予想は29.82円なので、PERは実に297倍(本日大引け株価8,850円)だ。因みにPBRは約39倍。マクアケは好きな株でここのずっと注目して来たが、向こう数年微増益と宣言されてしまった。

直近1ヶ月のIPOパフォーマンス前のページ

関連記事

  1. 投資

    香港金融市場の立ち位置は?

    昨日(7月2日)米上院は対中制裁法案(香港自治法案)を可決、トランプ…

  2. 投資

    リスク投資を日本で広めるには

    「貯蓄から投資へ」というスローガンの下、日本経済の資本(及び資産)効…

  3. 投資

    直近1ヶ月のIPOパフォーマンス

    IPO松屋R&D が4月6日に公募価格割れ(初値が7.9%…

  4. 投資の独り言

    5-6年振りの株式投資

    2020年の実質GDP成長率予想への影響はどうだろう?6月24日にIM…

  5. 投資

    コロナ第2波は?投資は?

    昨日(7月6日)の東京都のCOVID-19新規感染者数は102人、緊…

  6. 投資

    年金基金と日銀が買い支える日本株

    ジャフコを短期トレードで買ってみた、いゃ買っちゃったアイキュ…

最近の記事

  1. 仮想通貨

    ビットポイントから約35億円相当の仮想通貨が不正流出
  2. 投資

    IPO アイキューブドシステムズ[4495]東証M上場
  3. 投資

    リスク投資を日本で広めるには
  4. 経営

    eスポーツはスポーツ?
  5. その他

    三浦春馬さんの死去
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。